リボ払いは危険

多くのキャッシングやクレジットカードで採用されているのがリボルビング方式です。このリボルビング方式というのは、基本的な契約として締結されることが多く、あらかじめ設定されている限度額の中で借入をしたり支払いを繰り返していくことになります。時に過剰に使ってしまうこともあるため、借金返済について苦労してしまうこともあります。

メリットとしては少額の支払いとなるだけでなく手軽に何度も利用することができます。しかしデメリットとして手軽さゆえに使い込んでしまうというケースが想定されます。そのため借金返済について考えていく時、多重債務に苦しめられてしまうというケースが後を絶たないのです。

近年銀行などでもキャッシングとして提供されることが多くなってきましたが、多重債務にならないように審査体制を厳密なものにしています。法律などが整備されてきたため沈静化しつつある多重債務ですが、未だに解決されていないケースもありますので、使いすぎには常に注意しなければなりません。自己破産や任意整理などの債務整理をしてる方の大半がリボルビング払いによる借金返済で失敗をしているケースですので、常にクレジットカードなどでリボルビング払いを行っている時には、ある程度整理をしておきましょう。